Twitterとの連携で1日300人の友だちを獲得!


弊社での運用も2年目に突入しましたプロバスケットボールのB2リーグ所属、「熊本ヴォルターズ」様のLINE公式アカウントプロモーション事例を紹介させて頂きます。


■ SNSを連動させたプロモーション企画

2022年の2月のプロモーションではスポンサー企業さんを巻き込んだSNSプレゼント企画を展開しました。


様々なプロモーションや広告、企画を行ってきましたが、なかなか新規のLINEお友だち獲得ができませんでした。

今回のキャンペーンでは、一番の強みであるTwitterの拡散力を使い、LINE公式アカウントに友達追加で「応募完了」というような銅線を敷きました。


商品も季節に合わせた効果的な食材を選び、ユーザーが気軽に応募できるように、できるだけ応募条件を少なくしました。


 


■ 当選者の発表方法もLINEで連絡


株式会社maPsでは株式会社モスコソリューションズ様の「Poster」のパートナーです。

こちらのサービスから、ユーザーを識別して応募された方のカウントや、当選者へのご連絡をさせて頂きました。

国内ユーザー数8900万にだからこそできるLINEでの顧客体験を全国のユーザーに届けることができます。今回の当選者も熊本県だけではなく、関東や関西エリアの方にも商品をお届け致しました。



■ 潜在層を刺激しファン化へ


各業界で1番に上がってくるSNS関連の悩みは「フォロワーが増えない」「登録者が増えない」がほとんどです。特にLINE公式アカウントの場合、自然に増えることはまず考えずらいです。

LINE公式アカウントはまず「登録」という入り口があります。

そこを突破することが1番の鬼門になってきます。では皆様はどのような施策でユーザーに対して「登録」をオススメしていますか?


下記の項目をチェックして、自社のプロモーションを見つめなおしてください。


□ そのクーポンは本当にユーザーにとって有益ですか?

□ LINEの配信タイミングや回数はユーザーにとって「ノイズ」になっていないですか?

□ 目を引くようなキャッチーなフレーズを使えていますか?

□ 継続的にお客様に対してアプローチができていますか?


↓↓全てにチェックが付かない方はこれからの記事をお読みください↓↓